ボーイスカウト 東京連盟 町田地区 町田第七団:オフィシャルサイト

bp

 ボーイスカウト運動の創始者はイギリスのロバート・スティブンスン・スミス・ベーデン・パウエル卿(Baden-Powell以下BPと略す)です。ベーデン・パウエル卿は1857年2月22日イギリスで、7人兄弟の5番目の子として生まれた。

  生まれて3年後にオックフォード大学教授ベーデン-パウエル牧師であった父が亡くなった。母は、W・H・スミス提督の娘であったことから、信仰心も厚く、こんな教育熱心な母親の影響を受けて育った。その影響が後年「スカウト運動」を創り出す礎となったと言われている。

 彼の曾祖父ジョゼフ・ブルーワースミスはアメリカで生まれで、アメリカ革命の時、英軍に加わり、その後、イギリスに移住していた。新世界への移民の冒険心に富んだ曾祖父の血を受けついだ彼は少年時代から兄たちとキャンプやハイキングをして野外生活を楽しんだ。

 チャーターハウス・スクールでは、すばぬけた秀才ではなかったが、最も活発な生徒の一人だった。特にスポーツ、音楽、スケッチ等に秀でていて、いつも校内の人気者だった。

 19才の時、陸軍の見習い仕官士官としてインドに赴任したが、

 その際上官の理解もあって軍事訓練では重要視されていなかった「測量」「偵察」「斥候」を専攻し、若い兵士にいろいろな訓練法を試みた。

この体験を基に体系作りを行い、8年後1884年に「偵察と斥候」という小冊子を発行した。

 この体作りに苦労したことが、後にいろいろ出版する本の源となり、多くのアイデアを生み出すことにもなり、また多くの戦いに遭遇したことからさらに新しい経験も重ね「自然を相手にした観察力」を身につけた。

 イギリスに帰国したBPは「祖国イギリスの少年達が、「力強い男性に育っていくことに自分が協力していかねばならない」との信念から、世界各地で得た自分の経験を基に少年向けに本を発行することにした。

 しかし、「本当にうまく実行できるか確かめたい」との思いにかられ、1907年のブラウンシー島で20人の少年達をプール港内にあるブラウンシー島に連れて行き、世界で始めてのボーイスカウトのキャンプを行った。

 この訓練キャンプの実験キャンプは大成功であったため、これを基に翌年『SCOUTING FORBOYS』が発行され『スカウト運動』が始まった。この本はたちまち少年達の心を捕らえ、ボーイスカウト運動はBPの予想をはるかに越える早さでイギリスからヨーロッパ各国に広まった。

 1909年にはイギリスのたった一人のスカウトの善行で、スカウト運動はアメリカに伝えられた。このような運動の広まりから、BP卿は、将来起こるかもしれない戦争の為に、少しばかりの成人を訓練することよりも、若い世代をよい公民に育て上げることのほ

うが、ずっと国の為になるのだという見通しと信念を持つようになった。

 

そして陸軍隊役後の人生を、スカウティングを通して、1941年(昭和16年)に83才で亡くなるまで、その一生を世界のスカウト運動の発展と啓蒙に捧げました。

 1912年の4月、世界一周中のBPが横浜のグリフィン氏のスカウト隊を視察する。 1920年第1回世界ジャンボリーでは、歓呼する少年たちによって「世界の総長」に推された。
1996年、世界140ヶ国に2500万名のスカウト仲間が活躍し、2億5千万人のOBがいる。

子供たちには、もっと戸外で遊んでもらいたいと思いませんか?
 ビーバー隊は、幼稚園〜小学2年生までのスカウト達が、月2、3回楽しく活動をしています。
 遊ぶことを通じて、ルールを守ること、競い合うこと、グループで協力することなど、集団生活に大切な経験をします。
 一緒に活動に参加して、楽しい思い出を作りませんか?

※ 見学をご希望の方は、
  ビーバー隊長
  までご連絡ください。
  お待ちしています。